宇宙旅行の費用はなぜ高い?費用を下げるためにできることは?

ZOZO創業者の前澤友作さんが宇宙旅行に行ったことは記憶に新しいでしょう。

ネット上でも話題になっていましたが、宇宙旅行の費用はなんと100億円ほどだと言われており、その費用の高さに「なぜ高いのか」という疑問が噴出しています。

そこで今回は、宇宙旅行の費用はなぜ高いのかを紐解いていきます。

宇宙旅行の費用はなぜ高い?

のちにご紹介しますが、宇宙旅行の費用は数百億円かかります。

ただただ宇宙に行くだけなのですが、それだけの費用がかかってしまうのです。
しかし、なぜ宇宙旅行の費用はここまで高いのでしょうか。

宇宙旅行の費用がなぜ高いのかは2つの理由に集約されます。

ロケットが使い捨てだから

まずは、ロケットが使い捨てだからです。

宇宙旅行に限らず、ロケットの打ち上げ実験などで用いられるロケットは使い捨てです。
うちはなって宇宙で分解されるか地上に落ちてくるかのどちらかになりますので、そのロケットを再度使うことができません。

1回の宇宙旅行に1つのロケットが必要になりますので、費用が高くなります。

研究開発維持費がかかるから

次は、研究開発維持費がかかるからです。

宇宙市場はまだまだ未知なことが多く、宇宙に何があるかもわかっていません。
その宇宙の研究費用や開発費用、ロケットの維持費などがかさんできますので費用が高くなります。

研究は終わることはありませんので、今後も宇宙旅行の費用は高くなったままだという見解が多く見られます。

宇宙旅行の費用相場は?

ちなみに、宇宙旅行の費用相場は以下の通りです。

引用:宇宙にはいくらで行ける? 「宇宙旅行ビジネス」の現状と目的地別の費用、代表企業まとめ

一番安いブルーオリジンでも20万ドル(2,000万円ほど)かかりますので、一般人が宇宙旅行を楽しめるようになるにはまだまだ時間が必要です。

宇宙旅行の費用を下げるためには?

さて、我々が宇宙旅行に行くためには費用を下げる必要があります。

ただ、宇宙旅行の費用を下げるにはどうすればいいのでしょうか。
具体的に我々ができることはありませんが、宇宙旅行に携わっている方々が費用を下げるために尽力をしてくれています。

その施策を2つご紹介します。

大量生産する

まずは、大量生産することです。

皆さんは「規模の経済」という言葉をご存知でしょうか。

規模の経済(economic of scale)とは、ある一定の生産設備の下で、生産量や生産規模を高めることで単位当たりのコストが低減されるということを指します。

引用:規模の経済

大量生産すればその分、1つあたりのコストが下げられるという言葉ですが、ロケットにもその法則は当てはまります。
ロケットを大量生産すれば、1つあたりにかかるコストが下がりますので、宇宙旅行に必要なコストも下がります。

ロケットを再使用する

次は、ロケットを再使用することです。

ロケットは一度打ち上げると、もう二度と使えない姿で帰ってきます。
ただこれをなんらかの技術でもう一度使える形に再利用することができれば、ロケットの製造コストが抑えられますので費用が下がります。

ただ、実現できそうなのは分解された部品を再利用することくらいです。

まとめ

宇宙旅行がなぜ高いのかは、研究費用や開発費用がかかるのはもちろんのこと、ロケットが使い捨てだからという理由があります。

宇宙市場はまだまだ拡大をしており、いろいろな企業が参入をしています。
もちろん、日本からも優秀な人材が宇宙事業に乗り出していますので、宇宙旅行の費用が安くなるのは数年後の話かもしれません。