【100億円?】前澤氏の宇宙旅行の値段は?13の事業についても!

2021年12月9日、ZOZO創業者の前澤氏が国際宇宙ステーション(ISS)内に入ったというニュースがありました。

それに伴い、宇宙旅行の値段が木になる人が多くいたのではないでしょうか。

そこで今回は、前澤氏の宇宙旅行の値段について解説します。

前澤氏の宇宙旅行の値段は?

前澤氏の宇宙旅行の値段は約100億円と言われています。

ただこれは前澤氏が口頭で「そんな感じ」と述べただけであり、本当に100億円近くの値段で宇宙旅行を敢行したのかはわかっていません。

実は100億円以上かかっている?

とある記事では「実は100億円以上かかっているのでは?」という指摘もありました。

だが、今回の前澤さんの宇宙旅行をサポートしたスペース・アドベンチャー社のシェリー社長は「最近の相場は5000万ドル(56億5000万円)台から6000万ドル(67億8000万円)台に値上がりしている。1億ドル(113億円)未満なのは間違いない」と明かした。

引用:前澤友作さん宇宙旅行代金『2人で100億円』以上か…CNN報道 総資産の15分の1相当?

100億円以上かかっているのではないかと言われる理由の1つにISSのミッションの価格設定があります。

もともとISSが民間人を宇宙旅行へ連れていくミッションとして1人2,000~4,000万ドルの値段がついていたと言います。
しかし、最近は値上がりしており5,000~6,000万ドルほどに値段が上がっているとしているため実際は100億円以上かかっているのではないかと言われています。

前澤氏の総資産は?

ちなみに、今の前澤氏の総資産は約2,090億円

ZOZOを売却した時の売却益やその他の投資利益などを含めて、今はそれ以上の資産があるかもしれません。
仮に2,090億円が総資産だったとして、100億円もの費用は総資産の1/15に該当する計算になります。

前澤氏が始めた13の事業とは?

宇宙旅行に行った前澤氏は、新しく13の事業に取り組むことを公表しています。

  • フィンテック事業
  • ひとり親の養育費保証事業
  • ペットを幸せにする事業
  • サバの養殖事業
  • 釣りSNS事業
  • 自宅で健康チェック事業
  • 医療介護マッチング事業
  • プライベートジェット事業
  • 海中旅行事業
  • 有名人にあなた向けの動画を注文できる事業
  • 子供の才能を伸ばす事業
  • 大学生向け履修管理アプリ事業
  • 政治家の選挙活動支援事業

これらの事業がどう展開していくのかが見ものです。

前澤氏の収入源は?

宇宙旅行へ軽々と行けてしまう前澤氏の収入源はいくつかあります。

  • ZOZOの売却益
  • アダストリア・ユナイテッドアローズの株主配当
  • 現代アートコレクター

色々な収入源を持つ彼ですが、今後どのような動きを見せてくれるのか楽しみですね。

まとめ

約100億円もの値段がついた前澤氏の宇宙旅行。

我々民間人が気軽に宇宙旅行へ行ける日は来るのでしょうか。

民間人が宇宙旅行に行くために必要な費用は?民間人初の宇宙旅行の費用はいくら?