宇宙旅行に行った民間人は何人?宇宙旅行者一覧や民間人の宇宙旅行リスクをご紹介!

2022年、数千万円あれば宇宙旅行に行けてしまう現在までに宇宙旅行に行った民間人の数をご存知でしょうか。

宇宙飛行士以外に宇宙旅行に行った民間人の代表例はZOZO創業者の前澤友作さんでしょう。

今回は彼を含め宇宙旅行に行った宇宙旅行は何人なのかをご紹介します。

宇宙旅行に行った民間人は何人?

宇宙旅行に行った民間人の数は以下の通りです。

国名 男性 女性 合計
アメリカ 297 50 347
ロシア(旧ソ連) 119 4 123
日本 10 2 12
ドイツ 11 0 11
中国 9 2 11
フランス 9 1 10
カナダ 8 2 10
イタリア 6 1 7
ブルガリア 2 0 2
オランダ 2 0 2
ベルギー 2 0 2
イギリス 1 1 2
ハンガリー 2 0 2
カザフスタン 1 0 1
インド 1 0 1
スペイン 1 0 1
スイス 1 0 1
オーストリア 1 0 1
ウクライナ 1 0 1
チェコ 1 0 1
ポーランド 1 0 1
ルーマニア 1 0 1
スロバキア 1 0 1
ベトナム 1 0 1
モンゴル 1 0 1
メキシコ 1 0 1
キューバ 1 0 1
サウジアラビア 1 0 1
シリア 1 0 1
アフガニスタン 1 0 1
南アフリカ 1 0 1
イスラエル 1 0 1
ブラジル 1 0 1
スウェーデン 1 0 1
マレーシア 1 0 1
韓国 0 1 1
デンマーク 1 0
UAE 1 0 1
合計  502 64 566
延べ人数  1,280

宇宙旅行者一覧

ちなみに、宇宙旅行者は以下の通りです。

人物名 打ち上げ日 備考 便名 ロケット
1 1 アメリカ合衆国の旗 デニス・チトー 2001年4月28日 初の宇宙旅行者 TM-32 / TM-31 ソユーズ
2 2 南アフリカ共和国の旗/イギリスの旗 マーク・シャトルワース 2002年4月25日 TM-34 / TM-33
3 3 アメリカ合衆国の旗 グレゴリー・オルセン 2005年10月1日 TMA-7 / TMA-6
4 4 アメリカ合衆国の旗 アニューシャ・アンサリ 2006年9月18日 初の女性旅行者 TMA-9 / TMA-8
5 5 ハンガリーの旗 チャールズ・シモニー 2007年4月7日 TMA-10 / TMA-9
6 6 アメリカ合衆国の旗 リチャード・ギャリオット 2008年10月14日 TMA-13 / TMA-12
7 ハンガリーの旗 チャールズ・シモニー 2009年3月26日 2回目の宇宙旅行 TMA-14 / TMA-13
8 7 カナダの旗 ギー・ラリベルテ 2009年9月30日 TMA-16 / TMA-15
9 8 ロシアの旗 クリム・シペンコ英語版 2021年10月5日 ISSでの映画撮影が目的 MS-19 / MS-18
9 ロシアの旗 ユリア・ペレシルド
10 10 日本の旗 前澤友作 2021年12月8日 MS-20
11 日本の旗 平野陽三
11 12 イスラエルの旗 アイタン・スティッブ英語版 2022年4月8日 Ax-1英語版 クルードラゴン・エンデバー
13 アメリカ合衆国の旗 ラリー・コナー英語版
14 カナダの旗 マーク・ペシー英語版

民間人初の宇宙旅行者は誰?

さて、1,000人以上の宇宙旅行者が誕生していますが、民間人初の宇宙旅行者は誰なのでしょうか。

民間人初の宇宙旅行者はアメリカの実業家であるデニス・チトー氏で、国際宇宙ステーションISSに約1週間滞在しました。

民間人初の宇宙旅行者となり、その後2002年には南アフリカのIT起業家であるマーク・シャトルワース氏も宇宙旅行を敢行しています。

現在は民間人の宇宙旅行者が次々と誕生している

昔は宇宙旅行のハードルがかなり高かったものの、現在は民間人の宇宙旅行者が次々と誕生しています。

例えば、こちらをご覧ください。

民間宇宙企業の米SpaceXは9月15日(現地時間、以下同)、民間人4人を乗せた宇宙船「Crew Dragon」の打ち上げに成功し、高度585kmの軌道に到達したとTwitterで発表した。世界初の民間人だけの宇宙旅行ミッション「Inspiration4」で、3日間地球を周回する予定。

引用:SpaceX、初の「民間人だけの宇宙旅行」打ち上げ成功 地球を3日間周回予定

数多くの宇宙企業が民間人向けの宇宙旅行サービスを提供したり、実験を繰り返しています。

民間人が宇宙旅行へ行くことのリスク

大金を出せば宇宙旅行へいける時代になっています。

しかし、宇宙飛行士のように訓練を積んだわけではありませんので、民間人が宇宙旅行へ行くことのリスクというものが存在します。

考えられる民間人が宇宙旅行へ行くことのリスクは2つです。

物理的なリスク

まずは、物理的なリスクです。

ロケットへ乗り込み宇宙へ飛び立っている最中に、ロケットが破損することも考えられます。
飛行機に衝突する可能性も0ではありません。

そうなれば行きて帰ることはできないでしょう。

健康面のリスク

次は、健康面のリスクです。

宇宙では重力が1/6になり体に今まで経験したことのない負担がかかりますので、健康面のリスクはかなりあるといっていいでしょう。
しかし、90歳の女性が無重力空間を体験できていたという事例がありますので、健康的なリスクは低減されつつあります。

まだ100%安全ではありませんが、リスクは低減され始めていると言えます。

まとめ

宇宙旅行へ行った民間人は1,000人を超えています。

我々、一般の民間人でも気軽に宇宙旅行へいける時代はいつ来るのでしょうか。