【比較】現在の宇宙旅行費用の相場は?約5万ドルで行けてしまう宇宙旅行も?

ZOZO創業者の前澤友作さんが宇宙旅行に行ったことは記憶に新しいでしょう。

報道では100億円ほどかかったと言われていますが、2022年になった現在では宇宙旅行の費用相場はどうなっているのでしょうか。

今回は、宇宙旅行を提供している6企業を徹底比較していきます。

現在の宇宙旅行費用の相場は?

現在、宇宙旅行を提供している企業は6つあります。

  • エックスコア・エアロスペース社(XCOR Aerospace)
  • ワールド・ビュー・エンタープライズ社(World View Enterprises)
  • ヴァージン・ギャラクティック社(Virgin Galactic)
  • ブルーオリジン社(Blue Origin)
  • スペース・アドベンチャーズ社(Space Adventures)
  • スペースX社(Space Exploration Technologies)

それぞれの企業の宇宙旅行費用をご紹介します。

エックスコア・エアロスペース社(XCOR Aerospace)

エックスコア・エアロスペース社(XCOR Aerospace)の宇宙旅行費用は約1,050万円です。

しかし、2017年11月にエックスコア・エアロスペース社(XCOR Aerospace)は倒産していますので現在は利用することができません。

ワールド・ビュー・エンタープライズ社(World View Enterprises)

ワールド・ビュー・エンタープライズ社(World View Enterprises)の宇宙旅行費用は約1,100万円です。

ヘリウムガスを使用してフライトカプセルを高度30kmまで上昇させる方法を採用。
上昇にはバルーンが使われています。

ワールド・ビュー・エンタープライズ社(World View Enterprises)はこちら

ヴァージン・ギャラクティック社(Virgin Galactic)

ヴァージン・ギャラクティック社(Virgin Galactic)の宇宙旅行費用は約2,200万円です。

もともとイギリスの多国籍企業である「ヴァージン・グループ」が立ち上げた宇宙事業で、会長はリチャード・ブランソン。
6人乗りの宇宙船を使用し高度100kmまで上昇、約6分間の無重力体験を楽しむことができます。

ヴァージン・ギャラクティック社(Virgin Galactic)はこちら

ブルーオリジン社(Blue Origin)

ブルーオリジン社(Blue Origin)の宇宙旅行費用は約2,200~3,300万円です。

Amazon創業者のジェフベゾス が設立しており、弾丸旅行で高度100kmまで上昇します。
地球への帰還はスペースシップではなく、パラシュート付きのカプセルを使用していることが特徴です。

ブルーオリジン社(Blue Origin)はこちら

スペース・アドベンチャーズ社(Space Adventures)

スペース・アドベンチャーズ社(Space Adventures)の宇宙旅行費用は約22億円です。

スペース・アドベンチャーズ社(Space Adventures)は世界初の宇宙旅行を敢行した企業で、費用が22億円と膨大です。
ただ、国際宇宙ステーションへ滞在することができるため他の企業よりも滞在時間が長いことが特徴。

スペース・アドベンチャーズ社(Space Adventures)はこちら

ZOZO創業者の前澤友作さんは100億円かけた?

2021年、ZOZO創業者の前澤友作さんが宇宙旅行へ行きましたが、かかった費用は約100億円とも言われています。

宇宙船の乗船料金など、費用はいくらか。出発前、日本の民放ラジオ番組に出演した前沢さんによれば「100億円などと言われているが、まあそんな感じ」。自力で宇宙に行けるのは、まだ億万長者だけだ。

引用:宇宙旅行の費用は100億円? 前沢さん「そんな感じ」

ZOZOを約2,400億円でYahoo!に売却した前澤友作さんからすると、100億円はそこまで大金ではないのかもしれません。
ただ、一般人からすると100億円は到底手が出るものではありません。

2001年にも宇宙旅行は実現している

2021年に前澤友作さんが宇宙旅行に行ったことは大々的に取り上げられましたが、2001年段階ですでに宇宙旅行は実現しています。

資格を持つ宇宙飛行士以外による世界初の「宇宙旅行」は2001年4月、米国人実業家のデニス・チトー氏が実現。ロシア・ソユーズ宇宙船で国際宇宙ステーション(ISS)に向かい、約1週間滞在した。

引用:宇宙旅行、過去に11人 費用数十億円、IT長者ら

宇宙旅行を楽しんだのは表計算ソフト「エクセル」の開発者チャールズ・シモニー氏ら11人です。
この段階で宇宙旅行は実現していましたが、費用は1席あたり数十億円ですので今よりも何倍も高額でした。

5分の宇宙旅行であれば費用は約2,500万円

現在、ヴァージン・ギャラクティック社とブルーオリジン社が提供しているプランによると5分間の宇宙旅行であれば費用は約2,500万円で済みます。

他の企業もこの費用に標準を合わせてくれることを祈るばかりです。

カプセル式だと費用は約5万ドル?

宇宙旅行のスタートアップ企業「World View」はカプセル式の宇宙旅行を実現しようとしています。

カプセル式の宇宙旅行が実現すれば、一回あたり約5万ドルに費用が抑えられるといいます。
さらに6~12時間の浮揚が可能で、30km上空の成層圏まで上昇できるというのです。

「World View」についてもっと知りたい方はこちら

まとめ

現在の宇宙旅行は一回あたり数千万円の費用がかかります。

ただ、将来的には宇宙旅行の費用が約5万ドル(約500万円)に抑えられる可能性もあり、費用減退が進みつつあります。

将来的には一般人でも気軽に宇宙旅行に行けるようになれば有難い話です。